婦人科検診の検査結果の内容について

婦人科検診の検査結果の内容について

様々な媒体を通して、声高に推奨されている婦人科検診ですが、近年ではある一定の年齢になれば、行政のほうから無料クーポンなどとともに検診のお知らせが配布されるようになっており、女性たちの関心も高くなってきているようです。婦人科特有の疾患は、早期に発見することが出来れば、治療もよりリスクの低いものにすることができ、その後の生活の質も落とすことなく過ごせます。婦人科検診は、自費で受ければかなり高額となってしまう場合もありますが、前述したような、自治体のほうから個人宛に配布されるクーポンなどを使えば、無料、あるいはほんのわずかな負担金で受けられるので、そのようなお知らせが来ればぜひ受診することをお勧めします。また検査結果は、よほど深刻な結果が出ない限りは、郵送で知らせてくれる病院も多いようなので、時間の都合がつけにくい方は受付で相談して見ましょう。検査結果は遅くても一週間ほどで出ることが多いようです。

婦人科検診の結果が分かるまで

婦人科検診の結果が分かるまでについては、婦人系の病気によっても時間はことなっています。

たとえば「更年期障害」などの場合には、その場で先生が「更年期障害」の結果を出してくれることもありますが、例えば乳がんなどの検診などの場合には、検査の結果がでるまでに1ヵ月ほどかかる場合もあり、また病院の状況によってはもっと時間がかかる場合もあります。

婦人科検診の場合には、マンモグラフィーなどを行うこともあり、そのため時間がかかることもあるものです。

検査の後には、次の予約の時に病名を教えてくれる場合や、場合によっては郵送などで病名が分かるようにしてくれるケースもあります。

また病院によっては、患者さんを安心させるために、また患者さんを動揺させないようにととても細心の注意を払って教えてくれる場合もあり、仕事などに影響がないように土日などに教えてくれる病院もあります。

また、場合によっては家族の方が同席する場合もあるようです。