婦人科検診の検査項目の内容について

婦人科検診の検査項目の内容について

人間ドックのオプション検査や、病院やクリニックで実施する検査の中に婦人科検診があります。これは女性に特有の病気を早期に発見することを目的にして行なわれる検査で、対象になる病気は子宮がんと乳がん、それに子宮筋腫や卵巣脳腫などです。
子宮がんと一口に言っても、がんが発生する部位によって子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がんに分類されます。ですから婦人科検診の検査項目には、これらの各部位のがん検診が含まれます。
実際の検診の内容は、最初に問診表に記入をしてから医師による問診があり、その後内診を受けます。
内診では、子宮頸がんの検査のために頚部から組織をこすり取ったり、超音波を子宮に送って画像を見る検査をします。子宮の超音波検査では、体がんや卵巣がんの他に子宮筋腫や卵巣のう腫なども見つけることができます。
乳がんの検査項目は、マンモグラフィーと超音波検査を組み合わせて行なわれるのが一般的です。マンモグラフィーは乳房専用のレントゲン検査で、アクリルの板に乳房をはさんで平らにして撮影します。一方超音波検査はX線を使用しない検査なので、妊娠の可能性がある人でも受診が可能な乳がんの検査です。

婦人科検診の検査の種類を調査

婦人科検診は、女性特有の疾患に対しての検査になります。
市が助成金を出して、勧めるほど、定期的な検診を行うよう、呼びかけています。
検診の代表的な種類には、子宮けい癌・子宮体癌、そしてマンモグラフィを使用する乳がんの検診です。
子宮けい癌は、ウイルス性によるもので、現在知られるようになったヒトパピローマウイルス(HPV)の感染の有無を調べることが可能です。感染している場合は、次のステップの検診があり、その検査で陰性と診断されれば、定期的な検診を行います。陽性の場合は、更に詳しい検診を行います。また、子宮体癌は、症状など疑わしい場合に行われることが多く、特に閉経前の40代~50代の方で不正出血のある方に検査が施行されます。
女性特有の病気は、進行してから気づくケースが多いので、症状がなくても、市の婦人科検診などを上手に利用して、定期的に病院に通院されることをお勧めします。これは、病気の予防にと早期発見に繋がります。