静岡市・仙台市の婦人科検診事情

静岡市の婦人科検診事情

女性特有の病気として、乳がんや子宮がんがありますが、30代、40代になると、そういった病気にかかる可能性が出てくるものです。もちろん、子宮頸がんでは20代の若い女性でも発症することもありますが、なるべく検診などをしたほうがよいといわれるのはそれ以降の年齢です。
婦人科検診は、総合病院や一部のクリニック、検診センターなどで受けることができます。単独でも、人間ドックなどとセットでも受けられることもあります。
静岡市内では、40歳以降のある一定の指定年齢になると、無料で受診できるクーポンが送付されます。自分の職場や配偶者の職場関係で検診を受ける機会がない人では、病気を見落としがちになってしまいます。ですから、こういった機会にうけるようにするといいでしょう。
また、静岡市では年齢に関係なく、一部補助で婦人科検診を安く受けることができるようにもなっているので、確認してから医療機関に問い合わせをしてみるのもいいでしょう。

仙台市の婦人科検診事情

女性にとって婦人科系の病気は気になるものです。主に子宮ガンや乳ガンが挙げられますが、婦人科検診は他の検診に比べて、行き難いと感じている人が圧倒的です。しかし医学の進歩により、早期発見ができれば完治することも十分可能ですから、手遅れにならないように、定期検診は非常に重要です。最近は若い女性にも増えていますから、ますます検診の重要性が叫ばれています。
仙台市では、女性支援のためのガン検診推進事業として、対象となる年齢の仙台市民に婦人科検診の無料クーポン券を配布しています。対象となる年齢の人には、自動的に役所からクーポン券が送られてくる仕組みになっていますので、こちらから行動を起こさなければならないと言うことはありません。クーポン券と一緒に詳しい日程や、当日の準備などが書かれた用紙が同封されていますので、よく読んでから検診に向かいましょう。
クーポン券が届いた人でも、職場や人間ドックで同様の検診をした人は受けなくても良いですし、ペースメーカーを入れている人や豊胸手術をした人も、マンモグラフィによる乳ガン検診を受けることができませんので注意が必要です。