婦人科検診受診の注意点について

婦人科検診受診の注意点について

女性は、子宮や卵巣、乳房などの男性にはない臓器があるため、生理不順などの悩みを抱えていたり、女性特有の子宮筋腫や子宮がんなどに罹るリスクがあります。
産婦人科に通院をするのに抵抗を感じている人が多いですが、妊娠、出産の時は受診をする必要がありますし、婦人科の検診を受ける時は、診察台にあがる必要があります。
婦人科検診を受ける時の注意点は、内診台に上がる必要があるため、着脱のしやすい衣類を身に付けるようにして、裾の広がるスカートなどを着用するようにして下さい。
性器周辺を清潔にしておく必要がありますが、膣内などは必要以上に洗浄しないようにすることが大事です。
婦人科検診を受ける前は、デリケートゾーンなどのむだ毛の脱毛はしないほうが良いでしょう。
婦人科検診を受けるのが初めての人は抵抗を感じることが多いですが、苦痛や痛みの少ない方法で行うので安心して下さい。
医師やスタッフが女性のクリニックを選ぶようにすると、リラックスして検診が受けられます。

婦人科検診受診前日の注意点

婦人科検診受診する時の前日の注意点というと、1つにはお酒などは控え充分に睡眠をとっておくことです。当日は顔色なども見て検査をするので、体調を整えておくことは大切です。
また検診を受けるからと前日お風呂で膣をきれいに洗う人がいますが、おりものの検査が出来なくなる事があるので過度に洗うのは避けます。性交渉も正しい結果がでるのを妨げる事があるので避けるようにします。
婦人科検診は生理中でも出来ますが、クリニックによっては生理中は行なわないようにしているところもあります。予約する時には生理を避けて予定を立てる事が大切です。
当日はフレアースカートなど脱がなくても脚が広げられる服装をしておくと、下半身を出す部分を少なくする事ができます。また顔の状態もチェックするので、化粧は薄目にして肌の色や唇の色がわかるようにしておきます。細胞をとる検査の時に出血する事があるので、生理用品を用意しておくと下着を汚さずにすみます。