婦人科検診の受診をおすすめしたい人の特徴

婦人科検診の受診をおすすめしたい人の特徴

婦人科検診は女性特有の疾患の有無を調べる検査です。
主に、子宮けい癌、子宮体癌、乳がん、その他、感染症の有無を調べます。
都道府県、市市区町村が助成を行っているところが、多く、1~2年に一度、助成金により、低価格でがん検査などを受けることが可能です。
検診をおすすめする方は、20歳以上のすべての女性です。そして、不正出血などの症状が頻繁に起こる方、これまで性交渉の経験のある方です。そして、40歳以上で不正出血のある方です。
特に、子宮けい癌はウイルス性のもので、性交渉の経験のある方が感染するので、定期的な検査が重要です。感染したまま気づかない状態であると、知らない間に症状が進み、癌に進行する可能性や妊娠出来ない体になる可能性もあります。
婦人科検診によって、予防や早期発見・早期治療が可能となるので、手遅れになる前に、定期的な検査を行うことが、生きるうえで大変重要となります。
自覚症状の有無に関わらず、婦人科検診を定期的に行うことをお勧めします。

婦人科検診と生理の関係

婦人科検診とは、特に症状がない場合、又疾患があり定期的に検査を行う際の検査です。
主な婦人科検診の検査は、子宮けい癌、子宮体癌、乳がん、感染症の有無などです。
女性は1ヶ月1度月経があり、検診も月経の日に重なる場合もありえます。
それでは、生理期間の際は、それぞれ検査にどのような影響を及ぼすのでしょうか。
子宮がんの検査に関しては、患者様ご自身に抵抗がなければ、受けても検査上問題はないとされています。
クラミジアやカンジダの疑いがある感染症の場合は、おりものの培養検査が必須となりますが、こちらの検査は、生理中に組織を採取する際、出血により不明瞭になる場合があるので、検査は施行しないケースもあります。
又、子宮けい癌で検査に問題があった場合の追加の検査に関しても生理中は施行できません。
このように、月経の時期に施行できる検査と不可能な検査があるので、検査を希望される場合は、事前に医療機関に問い合わせるのが良いでしょう。