こんなこともできる!婦人科検診の豆知識

こんなこともできる!婦人科検診の豆知識

婦人科検診の豆知識として、婦人科では例えば「最近やたらにイライラしてしまいおかしい…」と思ったイライラの原因などをつきとめることができます。

仕事などが忙しく、鬱病などかな?と思っていたイライラが実は「更年期障害だった」などの結果についても、婦人科検診ではこまかく診察で分かるようになっています。

イライラがただのイライラだったのではなく、「更年期障害」などの女性の年齢などと大きくかかわるものであった場合には、このような症状によくきくお薬や漢方薬などを処方してもらえます。

また、その際には飲み合わせなどの注意もおしえてもらうことができます。

豆知識として、このようなイライラにはどのような運動をしたらよいのか、などのアドバイスをもらうこともできますので、以前よりも日常生活が暮らしやすくなるというメリットもあります。

また、効果的なマッサージや足ツボなどを教えてくれることがあるため、とても助かることがあります。

婦人科検診お役立ち情報局

女性のがんの代表は子宮がんと乳がんです。子宮がんも乳がんも、怖いがんの一種ではありますが初期で見つけることができれば治療の予後はとてもよく、治癒率が高いがんの代表です。
子宮がんや乳がんを早期発見するための健康診断が婦人科検診です。婦人科検診を受けるにあたり、知っておきたいお役立ち情報があります。
まず子宮がんは、がんでがきる場所によって子宮体がん・子宮頸がん・卵巣がんに分類されます。ですから、婦人科のがん検診を受ける際には検査の内容を確認してトータルな子宮がん検診を受けておくとより安心です。
婦人科検診の検査には子宮頸部の組織を採取して頚がんの有無を調べるための内診がありますが、この内診の時にエコーで子宮の内部を画像診断する検査があると体がんだけではなく筋腫やのう腫、卵巣がんなども見つけられることがあります。
乳がんの検診は視触診・マンモグラフィ・エコーなどを組み合わせて行なわれます。マンモグラフィは乳房専用のレントゲン検査で、乳腺科や乳腺外科で扱っています。
婦人科検診は人間ドックのオプションや自治体の検診で受けることができますが、婦人科や乳腺科専門医の診察と所見が受けられる検査が安心です。