春日部・町田の婦人科検診事情

春日部の婦人科検診事情

子宮がんはがんが発生する場所によって子宮体がんと子宮頸がんに分類されます。子宮がん全体のうち、70パーセント以上を占めるのが頚部にできる子宮頸がんです。
また発症する年齢が若いのが特徴で、20代から30代のいわゆる若年層と呼ばれる人に増加している傾向があります。女性のがんの代表である子宮がんは、早い時点で見つけることができれば予後はよく治癒率が高いがんの代表格でもあります。
子宮がんを早期に発見するためには婦人科検診が欠かせません。子宮頸がんはウイルス感染によって発症することがわかっていて予防のためのワクチンもありますが、ワクチンを接種している人であっても定期的に検診を受けることが命と子宮を守るポイントです。婦人科検診については、全国の多くの自治体が受診費用を助成しています。検診の対象者は以前は30歳以上としている自治体が多かったのですが、初潮や性交渉の低年齢化が進んだ背景もあって20歳以上とする自治体が増えてきています。
春日部市でも、市内に居住する20歳以上の女性を対象にした婦人科検診を実施しています。健康保険証を提示して婦人科検診の指定医療機関で受診すれば自己負担金のみで受けられます。

町田の婦人科検診事情

最近は、自らの健康を第一に考えてさまざまな努力をしている人が男女ともに増加傾向にあります。食事では野菜をしっかりとバランス良く摂取するように心がけて、適度な運動も行っています。また、健康診断を積極的に受診している人も多く見られます。
それらのなかでも、女性特有の疾患である乳がんや子宮がんを早期発見可能な婦人科検診は、多くの女性たちから親しまれているのです。町田市で実施している婦人科検診は、プライベートに配慮して、個室でリラックスして検診を受けられるよう配慮しています。医師による問診や視触診などによって、しこりがないか慎重に検査をすることによって、より正確な診断が可能になります。さらに、最新の医療機器であるマンモグラフィや超音波検査など合わせて行っていますので、安心して任せることができます。
このように、多くの女性たちの病気の前兆を発見できる心強い味方として、婦人科検診は、大きな役割を果たしているのです。