意外と知らない婦人科検診の費用について

意外と知らない婦人科検診の費用について

「婦人科検診」は、女性特有の病気を発見するために検査を行うための検診です。
意外に知られていませんが、婦人科検診は、都道府県・市区町村が補助を出しているところが多いです。
市区町村が助成金を出している検診の内容は、主に子宮けい癌や子宮体癌、乳癌などです。地域によって、助成金は異なりますが、相場は500~2000円とされています。 1~2年に1度で検診対象者にはがきなど案内が届くようになっています。
その他、妊娠を考えている夫婦に対して、風疹抗体・ワクチン接種なども助成金が出るケースがあります。
又、その他にも婦人科の検診が色々あり、感染症なども調べる検査があります。自由診療となり、検査項目や検査費用は、医療機関によって全く異なります。
婦人科検診を考えておられる方は、お住まいの地域の助成金の特長、自由診療の検査項目や費用を医療機関に問い合わせたうえで、受診されることをお勧めします。
婦人科検診は、たとえ自覚症状がなくても、予防の意味も含めて、定期的に受けることをお勧めします。

婦人科検診の料金相場を調べる

婦人科系の病気は、早期発見が出来れば薬の治療や手術で完治を目指せるものですが、自覚症状が現れにくいため、定期的に婦人科検診をうけることが重要です。
婦人科検診の料金は、なにか自覚症状があった場合は保険適用されますが、検診を受けたいと思って病院へ行った場合、ほとんどが自己負担となってしまいます。
料金はなにを調べるのかにもよりますが、子宮頸がんで4000円から10000円、子宮体がんでは10000円から15000円、乳がんでは3000円から6000円程度が相場となっています。
ただこれらをすべてセットにして2~3万円程度で受けられる婦人科検診プランなどを用意している病院もありますので、出来るだけ時間をかけずにリーズナブルに受けたい場合は、確認をするとよいでしょう。
また婦人科検診には自治体が年代別に行っているものもあり、これを利用して受けることで全額公費負担で受けられるケースもあります。
自治体によってどの程度の補助があるのかは違ってくるので確認が必要ですが、検診料金の相場としては無料から3000円程度となっています。