広島・豊島区の婦人科検診事情

広島の婦人科検診事情

女性の特有の病気といえば、乳がんと子宮がんが代表的です。これらの病気は命に関わることがありますが、早期に発見できれば予後はよく、治癒率が高いがんの代表にもなっています。
女性のがんを早期の段階で発見するためには、何といっても婦人科検診が不可欠です。婦人科検診は、人間ドックのオプション検査や自治体の実施する検診で受診することができます。
子宮がんは、発生する場所によって頚がんと体がんに分類されます。子宮がんの中でも70パーセントと多いのが頚がんで、20代から30代とい若い世代に多くみられるのが特徴の病気です。
広島市では、婦人科検診として市内に住む20歳以上の女性を対象にした子宮頚がんの検診を行なっています。また20歳以上の女性は、5年に1回の感覚で広島市が実施する骨粗しょう症の検診も受けることができます。さらに乳がんについては、市内の40歳以上の女性を対象にマンモグラフィ検査と触診からなる乳がん検診を行っています。

豊島区の婦人科検診事情

豊島区の場合、最も高齢住民が多い地域の一つとなっているため、あまり婦人科検診についての情報は多くありません。豊島区の広報などで婦人科検診の実施について無料や格安で掲載がある事がありますが、もし、体調の変化に自覚症状があるなら、専門の婦人科での検査を受けるべきですので、定期健診で安心せずにしっかりと検査をしておく事が大切です。病院にいきなり行って診療を受けるのは難しいので、予約制の専門クリニックが便利です。インターネットでの予約も可能なクリニックがあるので、いつでもアクセスができ、情報もわかりやすいので利用します。通勤帰りに検査で通院する場合などでは、周囲の環境にも注意が必要で、安心できる場所にあるかどうかを確認して予約します。レディースクリニックなどは、男性の同伴が許されない場合もあるので、よく確かめておきます。詳しく診療について情報を開示している所も多いので、ホームページを確認しておく事が大切です。